不安だらけの子育てスタート!なんでこんなに泣きっぱなしなの⁉

赤ちゃんは、泣くのが仕事とは言うけれど、それにしても泣いてばかりの我が子。

出産後、入院中は良きアドバイザーの助産師さんがいましが、退院したらもう頼る人はいません。

どうしてこんなに泣くの?寝てくれないの?
泣きたいのは私のほうだった。

いつまで続くの?楽になる日なんてくるの?

授乳しても、オムツを替えても、泣き止まない。
抱っこをするとうつらうつらと寝始める。やっと寝てくれたかと思い、ベビーベッドに移すと、すぐに顔をしかめ、泣き始める。

お腹が満たされてないのかもと思い、再度授乳。そして吐く。

服が濡れてしまい、着替えさせている間もずっと泣いている。

そうこうしているうちにまたオムツ替え。
毎日、毎日この繰り返し…。

里帰り出産だったので、しばらくは父と母が手伝ってくれていました。
それでもみんな寝不足の大変な毎日。

抱っこしてないと寝ないので、肩こり、腰の痛み、手首の痛みが酷く、心身共にボロボロ。

こんなに泣いてばかりいると、しだいに不安になってくるものです。

もしかして、どこか痛いの?
もしかして、なにか病気がかくれているの?

私は出産前に買っておいた育児書、子ども用の医学書を読みまくっりました。
そして読んでいくと、しだいに怖い病名ばかり目に入る。

でも「泣く」以外に症状はないんですよね。

これといって、あてはまる症状はありません。
早く一ヶ月検診の日が来て欲しいなぁ…と思いながら過ごしたものです。

待ちに待った生後一ヶ月検診!

やっと一ヶ月検診の日がやってきたんですが、当然その日も朝から泣いてばかり。

私一人で病院に連れて行くのは不安で、母に付き添ってもらいました。

病院に向かうタクシーの中でも、病院に着いても、泣き止む気配はない。
これまたいつものことですが…

ふと周りを見ると、ほかの赤ちゃんで、我が子ほど泣いている赤ちゃんはいないではないですか!

みな落ち着いて検診の順番を待っている。

なんとか泣き止ませようと、バタバタと落ち着きのないのは我が家だけ。
はぁーなんでうちだけ??

でも、私はこの日こそ不安に思っていることを全部医師に聞こうと意気込んでいたんです。

泣いてばかりで、なかなか寝ない。

赤ちゃんは寝不足にならないのかとか、
どこか悪いところがあるのではないか、
授乳しても吐いてばかりだけど、大丈夫なのか等々。

お医者さんは、丁寧に診察してくれ、
そして「大丈夫ですよ、順調に体重も増えています」
と言われるものの、それは私の質問の答えではないんですよねー。

それで、そばにいた看護師さんが、
私に向かって「吐くのは飲ませすぎ」
そして「お母さんがそんなに不安になっていると、赤ちゃんにも伝わりますよ」と言ったんです。

その言葉は、出産後、退院するときにも言われ、育児書にもそう書いてあったし、母にもそんなことを言われたこと思いだした。

でも、何もわからない赤ちゃんに、私の不安感なんて伝わるはずないと、聞き流しちゃった。

とりあえず、健康状態は大丈夫そう

少し安心はしたものの泣き止まない状態はその後も続きます。

私は、待望の我が子の誕生を喜ぶ余裕もなく、とにかくゆっくり寝たいとそればかり考えるようになっていました。

私は出産前に退職していて、出産後は、赤ちゃんとの幸せな生活を送れると思っていたのに、こんなに大変なら、仕事をしていたほうが楽だったなんて思っていたんです。

実家には約二ヶ月いて、ろそろ自分の家に帰らなくてはいけないけど、主人と二人でやっていけるのか不安。

昼も夜も相変わらず抱っこしないと寝ない我が子。
なぜベッドに寝かせると泣くのだろう。

赤ちゃんがお母さんの胎内にいた時の音、「胎内音」と同じような音を出すものが内蔵されているぬいぐるみ買い、ベッドに置いてみました。

これを聞かせると安心して赤ちゃんが落ち着くとかなんとか。
ずっと聞かせたが我が子には効果なし。

昼も夜も睡眠がなかなかとれない私を気遣って、主人が夜中に起きて抱っこしてくれた。

主人も寝不足のまま、会社に行く毎日。

でも大変なのは、最初の3か月!

そんな辛い日も、生後三ヶ月ごろから急に楽になったんです。
なぜだか急にですが、ある程度まとめてベッドで寝てくれるようになったんです。

そうなると私の心にも余裕が出てきて、我が子のかわいさにメロメロになっしまうものなんですねー

「なんてかわいいんだろう」起きているときも、寝ているときも、写真を撮りまくり。

ずっと見ていても飽きない。仕事なんてやめてよかったと思った(笑)

それから約四年後、二人目の出産

二人目ともなると、一人目のときのような不安はあまりなかったかな!!

そう、赤ちゃんは泣くもの。多少泣いても動じない私がいたんですよ。

上の子に気を取られていることもあり、ずっと産まれたばかりの赤ちゃんのことを考えているわけにもいかないしね。

それが良かったのか、二人目の子はあまり泣かないし、静かなので寝ていると思っていたらいつのまにか起きていて、おとなしくしていますよ。

上の子は、起きたらすぐ大声で泣いていたので、泣かずに起きているなんて、信じられない。

新生児なのに、最初からよく寝る子です。

二人目の一ヶ月検診。これも上の子とは大違い。

なんと、家を出て帰ってくるまで、ずっと寝ています。

医師の診察の最中も寝ていたし、ふだんも寝てばかりいたので、少し体重の増えが少ないと言われました。

寝てばかりいると言ったら、少しは起こしてちゃんと授乳するようにと言われてしまいました。

一人目と二人目とは、こんなに違うものなのかな…それは私の心に余裕があるから?

結局二人目を出産してわかったんです。

「お母さんの不安は、赤ちゃんにも伝わる」
これは本当のことだと思う。

今、赤ちゃんを出産したばかりで寝不足のお母さん、生後三ヶ月をすぎるとだいぶ楽になると思いますよ。

難しいことかもしれませんが、やはり心に余裕を持つこと、心配ばかりで常に緊張していると、それが赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんも不安で泣いてしまうのかも…・

赤ちゃんは、産まれたばかりの大変な時期も、どんどん表情が豊かになっていきます。

泣きだす前の表情、機嫌が良い時の表情、余裕をもって見ると、おもしろい!

ニッコリと笑顔を見せてくれると、もうかわいくて、うれしくて、本当に癒されます。

是非是非、毎日の変化を、楽しんでくださいネ!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク