ステンレスのやかんをピカピカに!できる主婦の掃除テクニック

どこの家にも一つはあるやかんですが、水垢などで汚れていませんか。

毎日のように使うものですから、汚れが付くのは仕方がありません。

水を入れて沸かしますから水垢が付きやすいです。

ただ、形が変わっていますので、洗うにしても難しいとは思いませんか。

注ぎ口が狭いですし、持つ手が蓋の真上に付いていますから、とても洗いにくいです。

だから、なんとなく軽く洗って終わりにしていませんか。


ステンレスのやかんの汚れは目立ちます。白くなったり外側の底の方が焦げたような色が付いていたりはしていませんか。

放置してしまうこともあるかもしれません。

しかし、人を家に呼ぶことがあると見られてしまうかもしれませんし、綺麗なステンレスのやかんでお湯を沸かしたいと思うでしょう。

外側の汚れが目立ちますが実は内側も汚れています。

洗いにくくても洗いましょう。良い方法がありますので、それを試してみてください。ピカピカの状態にきっとなるはずです。

やかんの頑固な汚れの落とす内側・外側の洗い方

まずは、内側の頑固な汚れについて考えていきます。お茶を煮出している場合は茶渋が付いてしまいます。


もちろん、水垢も付くでしょう。中性洗剤を使っても簡単には落ちません。


内側はお茶でもお湯でも口に入れるので安心できるものを使って洗った方が良いとは思いませんか。


茶渋も水垢も酸を使うとよく落ちます。クエン酸をやかんに入れて煮立たせるだけです。

水1リットルにつきクエン酸小さじ1で十分です。煮立たせた後に一晩置いてスポンジでこすれば綺麗に落ちます。


やかんの外側も汚れはとても付きやすいです。何もしてないはずなのに、だんだんと汚くなっていませんか。


こびりついているその汚れの大半が油汚れです。


油が飛んでくるなどしてやかんの外側に付いた状態で火をかけてしまうと頑固になってしまいます。


こちらは重曹を使うとよく落ちます。


重曹を汚れに振りかけてアクリルたわしで軽くこするだけで取れるはずです。

あまりにも頑固な場合はこれだけでは落ちないかもしれません。


酢と塩で内画を!重曹ペーストで外側を!

内側の茶渋と水垢はクエン酸も良いですが、家にある酢と塩で落とすことができます。


水を目一杯入れて、酢と塩をやかんに大さじ3ずつくらい入れて混ぜます。そのまま一晩放置してください。

次の日に水を捨ててスポンジで内側をこすってみましょう。軽くこするだけで水垢も茶渋も綺麗に落ちていませんか。簡単にできますのでおすすめです。


今度はやかんの外側の頑固な汚れを落とします。重曹ペーストを使います。

重曹2に対して水は1です。

これをよく混ぜものを使います。やかんの外側の汚れが気になるところに塗りましょう。

特に落ちにくいところは厚めに塗ったり、ラップでパックします。


このまましばらく放置しておくと汚れが浮かび上がってきます。

そうしたら、濡れたタオルで拭き取ってみてください。なかなか落ちなかった頑固な汚れが綺麗に取れているでしょう。


汚れの種類がわかればそれを利用して酸性とアルカリ性とをうまく使い分けて洗ってみませんか。

まとめ

やかんの内側と外側とでは汚れの種類が全く違うために、洗い方も使うものも全然違います。

同じ洗剤を使っていてもピカピカにはなりません。

内側は茶渋や水垢で汚れていますので、酢と塩を使ってみてください。どちらも家に置いてあるでしょうから、新しく買い足すことがないはずです。これならば、思い立った時にすぐにできます。


やかんの外側は重曹ペーストを使うのがおすすめです。

今では重曹を掃除に使う人が多いので、常備している人もいるかもしれません。

重曹を使うと頑固な油汚れが落ちますので、やかん以外の汚れにも使ってみてください。ガスコンロやIHヒーターの周りも同じ種類の汚れですから同じ方法で対応できます。


汚いやかんでは安心してお湯やお茶を沸かせないとは思いませんか。


綺麗に落としておけば安心して使えます。見て見ぬ振りをしている人もいるでしょう。

頑固な汚れも以上の方法であればあまり力を入れることもないのでやってみませんか。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク