100円ショップで調達可能!ステンレス風呂のピカピカ掃除法!

最近ではユニットバスが増えているのでステンレス風呂は減少しつつありますが、ピカピカに光り輝く浴槽は見た目に気持ちよく、汚れ一つついていないキュッキュッした指触りは快適なものがあります。

ステンレス製なので耐久性がありサビにも強いわけですが、お掃除を怠ると意外に汚れているものです。

ピカピカに見える浴槽はキズが付きやすいと言う欠点をもっています。

上手に洗わず不用意にこすっていたりすると細かいキスになってしまい、さらにその上に傷を重ねると言う悪循環の陥ることも珍しくありません。

しかもその微細な傷はステンレスの独特の美しい光沢を奪う要因にもなっているのです。

せっかくの光沢がなくなってしまっては台無しです。

そこで今回はステンレス風呂を長期間使用する上での大敵の細かい傷をつけることの無いように、お風呂掃除のコツを御紹介します。

将来にわたって、ステンレス風呂特有の光沢を維持するための一助にしてみて下さい。

湯垢・鉄サビ・石鹸アカの落とし方

これは風呂の素材に関わらない話ですが、水回りには実に多種多彩な汚れが付着します。

それらは賛成であったりアルカリ性であったりと性質の異なる部分もあるので、それぞれの汚れの特質に対応した汚れの落とし方を検討し実践するのがお勧めです。

湯垢は水道水などに含まれるカルシウムなどのミネラル分が結晶化したもので、しばしば頑固な汚れとなって物理的に強く摩擦を加えてみても、なかなか落としづらい側面があります。

湯垢の元になるカルシウムなどのミネラル成分はアルカリ性を示すので反対の性質を持つ酸性の薬品で処理するのが合理的です。

100円ショップでも入手できるクエン酸を使用すると湯垢が中和されるので効果的です。

石鹸アカや鉄サビも同様に酸性のクエン酸が有効です。これに対し皮脂汚れなどは酸性度が高いので、アルカリ性の強い重曹が効果的です。

風呂掃除に使用するなら食品レベルの安全性までは不要で、100円ショップで入手できる掃除用の重曹で十分です。

ステンレス風呂掃除のちょっとしたコツ!

ステンレス独特ですが「ヘアライン」と言う仕上げ方法で作成されています。

ステンレス素材に目を近づけてみると分かるのですが、表面には一方向に微細な線が無数走っているような外見になっています。

その線は光の加減や屈折具合で時には見えやすく、あるいは見えなくなったりします。

ステンレスの浴槽を洗うときには大切なのは、このヘアラインに沿って洗うことを心がけることが大切です。

ヘアラインの目に垂直方向にこすったり、無動作に摩擦を加えたりするとヘアラインが乱れてしまい、光沢が喪失していく原因になってしまいます。

その上に無自覚な掃除を繰り返し、傷が無数に刻まれていくことで浴槽の寿命を短くしてしまうことにも繋がります。

しかも細かい傷に水垢などが入り込んでしまうと汚れを除去するのがますます難しくなってしまうわけです。

従ってヘアラインの目に沿って掃除するのがポイントになる訳ですが、ここでお勧めしたいのは100円ショップでも手に入るメラミンスポンジです。


水垢などが目立つようならメラニンスポンジでその都度、綺麗にしてください。

まとめ

ステンレスの浴槽は独特のピカピカした光沢をもっており、見た目に快適で清潔感を感じることが出来ます。

ステンレス材なのでサビに強いわけですが、意外に傷が付きやすくデリケートな側面があります。

むやみに擦ると傷の原因になるので、汚れの性質を利用して薬剤をうまく活用すれば、効果的に汚れを取り除くことが出来るのです。

湯垢や鉄サビ・石鹸アカはアルカリ性を示すのでクエン酸で中和するのが効果的です。

人間の皮脂汚れなどは酸性を呈するので、アルカリ性の重曹を利用すると効率的に汚れを綺麗にすることがかないます。いずれも100円ショップで入手できるので、簡単に実践できるでしょう。

ところで汚れを落とすにはある程度、こすることが必要ですが、ステンレス独自の「ヘアライン」に添って細かい傷をつけることの無いように留意することが重要です。

ここでお勧めしたいアイテムが「メラミンスポンジ」です。余計な力を加えることなくヘアラインに沿ってこするだけで綺麗なステンレスを維持することができるからです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク