見るのも嫌~なカビやヌルヌルにサヨナラ!風呂掃除でカビ対策のコツ

家事の中でお風呂掃除が一番苦手!という方も多いのではないでしょうか。


お風呂って湿気がこもっていたり、嫌なにおいがしたり、時にはカビや水アカが目についてきたりします。
特に!最大の大敵は排水溝の髪の毛やヌルヌルですよね。

見たくもない!触りたくもない!
わかってたけど、ちょっと見て見ぬフリしちゃった。


でも結局掃除するのは私…
ゴム手袋・マスクをして、カビ用スプレーをして、もう大仕事です。


お風呂掃除が本当に嫌になってしまったある日、思いました。
「そうだ!ジメジメ・ヌルヌルを作らせないお風呂にしよう!」

ちょっとの工夫で、我が家のお風呂はカラッとお風呂に生まれ変わりました。

ヌルヌルはもちろん、水アカさえも作らせない。
そんな清潔お風呂の作り方、簡単掃除の方法をお教えしちゃいます。


浴室の全ての「モノ」を撤去してしまおう!

えっ?いきなり極端な話が出てきたなと思ったかもしれませんね。


シャンプーや洗顔フォーム、カミソリなど、
「置いてあるもの」の底は水気があったり、ヌルヌルしてませんか?

シャンプー置きなどの棚には、
サビが出ていたり、赤い水アカができていたりしませんか?

そうなんです。これが細菌が発生する原因であり、
お掃除が面倒になってしまう原因でもあります。

そこで!モノはもちろん、
シャンプー置きなどの棚類も全て撤去します。


ここで意を決してお風呂の大掃除をしてしまいましょう。
全く何もない、がらんどうのお風呂を作ります。

では、シャンプーなどはどうするのか?
簡単です。

カゴを用意して、そのカゴの中に自分が使うものを全て入れておきます。


シャンプー・リンス・ボディーソープ・石鹸・かみそり、などなど
家族ひとりひとり別々の、個人のカゴを用意してもいいですし、
家族全員分のモノを一つのカゴに詰めてもいいです。

入浴する時は、そのカゴを持って浴室に入り、
終わったらそのカゴを持って出てきます。


銭湯に行くような感覚でしょうか。
つまり、カゴはお風呂の外で保管するんです。

ここでおススメなのは、
カゴの底が、網状になっているものを選ぶことです。

カゴの底が空いていると、空気が良く通ります。
キチンと乾燥させることで、カゴにもヌルヌルやカビは作らせません。

お掃除は毎日!入浴した時にサッとひと撫でするだけで終~わりっ!

がらんどうのお風呂ができ上ったら、
もう毎日が、お掃除が9割終わった状態も同然です!


掃除に使いたいスポンジやブラシ、洗剤などは、
吸盤付きフックや、S字フックを利用して
浴室内にぶら下げるようにして保管します。


乾燥させることで、掃除用具が清潔に保てます。


そうして、自身の入浴が終わったら、
出る前に、スポンジでサッと浴室内をこすって、
ブラシで床を軽くこすります。


排水溝に溜まった髪の毛をポイっと捨てれば
5分もかからずお風呂掃除が終了です!
私は、排水溝のフタさえも撤去してしまいました。


排水溝のアミの部分がむき出しになりますが、
フタがない分、よく乾くので
カビもヌルヌルも発生しなくなりました。


お風呂掃除のとき、あのフタに触るもの嫌だったんですよね…
また、髪の毛専用のゴミ入れとして、
「立てる水きり袋」を使いました。


排水溝にある髪の毛を、
使用済みの歯ブラシに引っかけて、ゴミ入れに捨てます。


ゴミ入れに入れた髪の毛は、
あまり日を置かずに捨ててしまえばOKです。

まとめ

いかがでしたか?
我が家のお風呂がカラッとお風呂に変わる前までは、
私もお風呂掃除が大の苦手でした。

洋服のまま、湿気のある浴室に長時間いるのも嫌だったし、ヌルヌルの部分を、ブラシでこする時も、シャワーで流す時にも、自分の足の方にその汚い物が跳ね返って来ているのではないかと気が気ではありませんでした。


お風呂掃除をしただけで、
自分の身体が汚れてしまったような感覚になってしまいました。


しかし、この方法を試すようになってからは、
お風呂が汚いと思わないようになりました。


お風呂に吊るしてある掃除用具でさえ、
汚いという感覚が全くなくなりました。


そして、不思議な事に!

家族がお風呂をキレイに使ってくれるようになりました。
キレイな状態を維持しようと協力してくれるようになったんです。


リンスが飛んでしまったら、スポンジでひと拭きしてくれるし、
自分の髪の毛は、自分でゴミ入れに入れてくれるのです。


掃除用具も100円ショップのもので十分ですので、
ひと月に一回くらいは買い替えると更に効果的です。


「買い換えたんだな、汚くないんだな」と思えば、
自分も家族達も触る事、掃除する事をためらわなくなります。


また、入浴が終わったら換気扇を回しますよね。

ある程度の時間が経ったら扉を開けて、換気扇と扉の開放することのダブルで浴室内を乾燥させるのがおススメです。


湿気のない、清潔なカラッとお風呂で、
心も身体も快適になっちゃいましょう~!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク