スマホ見てばかりのパパがこんなに変わる!?私が実践した4つのこと

どうも、2児のママです。


世間ではイクメンブーム真っ只中に出産した私。


とても優しい夫でしたので、てっきりステキなイクメンになるとばかり思っていました。


ですがそれはまぼろし。


産後は

・夜は起きない

・オムツも変えない、頼むとしぶしぶ

・家でもお外でもご飯食べてる時抱っこを代わってくれない
(夫はお酒飲んで喋って優雅に椅子に座っている)

・抱っこしてもスマホばかり見ている

・何で俺がしないといけないのオーラがでている

・子供にあまり興味がない

なのにお外では「俺イクメンしてます」と公言するしまつ。


これは危ない。ここままでは私が仕事復帰しても育児に参加しなくなるのでは?と思った私がやってみた5つのこと。ご紹介します。

産後、パパのことが不安な方はぜひ読んでみてください。

王道の褒めて伸ばすをやってみた

これは1番根気がいりました。

・少し抱っこしてくれる
→助かるーありがとう!〇〇ちゃんも嬉しいねー!

・オムツかえてくれる
→〇〇ちゃんパパがかえてくれたから嬉しいねー!気持ちいいねー!

・食器を流しに持って行ってくれた
→助かるー!ありがとう!


とりあえず小さなことでも褒める、褒める。


やってくれたことが普通にできるようになれば、また違うことをお願いしたり、促してやってもらって褒めるを1年かけてやりました。


これが最初は効果ないかなー。やっぱりしぶしぶだよな。
と思ってましたが、1年後本当に変わりましたよ!


変わった後のことは最後に書きますね。

子供をパパ好きに育てる

これも長期戦です。
子供に話しかける時はとにかく

「パパ好きねー」

「パパかっこいいねー」

「パパがしてくれて嬉しいねー」

とパパを強調。


ワンオペなのでほぼ子供と会うことがないのですが
いない時でも動画や静止画を見せて


「パパ会いたいねー」

とやっていました。

よく話し合う

これは喧嘩してもいいのでお互いの主張は定期的に伝え合うようにしました。


そこでパパが家事育児は自分がすることと思ってないことがわかり、
あまり子供に興味がないこともわかりました。


問題解決するにもまずは話し合いが不可欠です。

子供のことは1人で決めない

2人目産まれてから、これの効果がわかりやすくでてきています。


最初は子供のことは私が決めるものと思っていたパパ。
興味もないので話にもならない。話進まない。


それでも負けずにまずは相談、相談、相談。


「パパの考えはどう?」

は今でもよく言いますね。


これをしてきたおかげで
今、子供の進路やこれからのことを考えて自ら発言してくれることが多くなりました!


凄く嬉しいです。
1人で育児してるようで寂しかった昔が嘘のようです。 

最後に

どのくらい変わったかというと

《 変わる前 》

・子供に興味がない

・ご飯は出てきて当たり前、箸さえも、取りに行かない

・掃除?なにそれ?

・スマホゲームばかりしている

・オムツかえない(特に大きい方)

・離乳食時期には離乳食もあげない

・泣いていても無視

・夜中は絶対起きない

・ずっと寝ている

・飲みに行くと朝方にベロベロで帰ってくる

《 変わった後 》(1年後)

・子供にべったり、可愛すぎるらしい

・ご飯の時はお箸だしたり、飲み物入れてくれるように

・ご飯も作ってくれる

・お皿洗いもしてくれる

・トイレ掃除もお風呂掃除もしてくれる

・スマホゲームは置いて子供と遊んでくれる

・オムツは率先してかえてくれる

・泣いたらすぐ抱っこ

・2人目の離乳食あげてくれてます

・上の子の夜泣きも起きて対応

・飲みに行ってもベロベロにならずに早めにかえってくる

・子供が好きすぎる!らしい

だいぶ変わりました!笑
なにより子供に関心を持ち、子供と関わり、子供主体で考えてくれるようになりました。


子供はパパ好きすぎてべったりです。会えない平日はパパ…会いたいと泣きながら寝ることも。


なにもしなかったパパも今では立派な父親です。
尊敬もしてますし、お互いに思いやりをもって接するようになったので前より仲良しになりました!


産後不安な方、産後つらい方、悩んでる方も
本当に根気はいります。すぐには変わりません。


途中でもうやっていけないかもと思った出来事もたくさんありました。
けど自分が変われば相手も少しだけでも変わります。


なのでぜひそれぞれのパパに合った方法でパパ育てがんばってください!
私も引き続きがんばります!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク