子育てで正しい叱り方とは?してはいけない6つの約束!

子育てをしていると、子供の思いがけない言動につい叱ってしまうことはよくあることです。


親として正しい方へ導くためにきちんと躾けることは良いことですが、叱り方によっては子供の心に響かないだけではなく、叱られないようにかえって嘘をつくようになったり、叱られることがトラウマとなってしまい性格形成に影響を及ぼすこともあります。


親も1人の人間ですから、子供が言った言葉や起こした行動で怒ってしまうことはよくあることです。


しかし、時に厳しく正しく叱ることで子供はそれらの行動をしなくなるだけでなく、自分のことをちゃんとわかってくれるという愛情を感じることもできる場面でもあります。

子供を叱らなくてはいけない場面に遭遇したらしてはいけないことはしないようにしっかりと諭すようにしましょう。


子供の性格によってもどうすれば効果的に叱ることができるのかは異なりますので、自分の子供にあった方法をとるようにしてください。

子育てで大声出してストレス発散は厳禁!

子育てをしていると、イライラしてしまうことはよくあります。

子供がものをこぼしたり、大声で泣くなどは日常茶飯事です。


親の言うことを聞かなくてわがままを言ったりするとストレスが溜まってつい、大声で怒鳴りたくなってしまうものですがそれはやめた方が良いです。


感情的になって大声を出すと、子供にとっては怖い気持ちしか伝わらず心に大きなショックを与えてしまうこともあります。


子供を叱ることで恐怖から行為を止めさせると言うのではなく、なぜその行為が悪い行いなのかを子供に分からせて改善させる必要があるのです。


つい怒鳴ってしまいたくなることもありますが、一呼吸置いてから子供に接するようにすると良いでしょう。


すると少しは冷静に子供に対応することができます。まずはなぜ子供がいけない言動をしたのかを聞くことが大切です。


子供から理由を聞くことが大切で、子供が泣いていたら泣いていない方を怒るなどは反射的にもしてはいけません。

子育てのストレスでヒステリーに悩んだら…

子供の言い分を聞き、気持ちに寄り添うと言うことがとても重要です。


それは嫌な気持ちになったねと言うだけでも、子供は自分のことをしっかりと見ていてくれると感じます。


子供はそれでより素直になり、正直な気持ちや謝ることをしてくれるでしょう。


子育てのストレスがたまるとつい言動を叱ることよりも子供の人格を否定するような言葉が出てしまうことがあります。


親が邪魔や、産まなければよかったなどの言葉は子供が一生傷ついてしまうような恐ろしい言葉の暴力です。


子供の存在を否定するのではなく、必ず言動のどこが悪いのかを叱るようにしましょう。


何がいけないのかを具体的に示し、今後どうすれば良いのかを子供にとってもわかりやすく子供の目線に立って説明することが大切です。


叱った時には子供に優しい言葉をかけて、抱きしめたりすると愛情が子供にも伝わります。ただ感情任せで怒るのではなく、しっかりと子供を許してあげることも大切です。

まとめ

子育てで毎日子供と接していると、つい怒ってしまいたくなるような言動を子供はしてきます。


そんな場面でも感情任せに怒るのではなく、一旦冷静になって何がいけないのかを具体的に示し、改善するように導いてあげることが重要です。


その時には子供の気持ちや言い分などもしっかりと聞くことで子供に寄り添う気持ちも示すことが大切になります。


子供の人格を否定する言葉はこれからの人格形成にも大きく影響してきますので、あくまで間違っている言動を正すことを意識して叱るようにしましょう。


全く叱らないというのは親としても正しいとはいえませんが、愛情を持って言動を正しい方向へ導いていくことが親に与えられた使命でもあります。


叱る際には愛情表現を最後に示し、子供がしっかりと謝ることができたら許して、常に心を広く持つことが重要です。


ストレスでなかなか子供と笑顔で接することができなくても、一旦冷静になって接すれば優しい言葉が出るようになります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク