三人の子育て!山あり谷あり幸せあり!

三人目を妊娠したとき、子ども二人を育てるだけでもいっぱいいっぱいなのに、この先大丈夫なのかしら…と喜びよりも不安になったことを今でも覚えています。

周りの先輩ママからは、「一人から二人増えるのは大変だけど、三人目以降はぜ~んぜん大丈夫よ!!」と言われていました。

「他人事だと思って…」と、心の中でつぶやきながら笑えない自分がいました。

いざ!!出産!!

三人目ともなると、お産がどんなものか分かるので、初産婦の頃よりも落ち着いていました。けれど、第一子を産んだ時の若さはありません。年齢とともに高まるお産のリスクがあることがとても不安でした。


お産はなにが起こるか分からない、ハラハラドキドキでしたが、上の子二人がお腹をなでながら「あかちゃん、早くでてきてね!会いたいよ!」と声をかけてくれて、とても楽しみにしてくれていました。


そんな我が子の姿に救われる自分がいました。

そして家族が見守る中、無事に出産することができました。


さすが三番目、短時間でスポーン!!と出てきました(笑)

入院中に押し寄せる不安

退院したあとのことを考えると、不安がつのります。


生まれてきたベビーのお世話をしながら上の子の幼稚園の送迎、真ん中の子の子守り、家事をこなしながら日中3人も子育てできるのかしら…。私の体は1つなのに、子どもは3人って…キャパオーバーじゃない!?


考えただけで顔が青ざめます。

期待を裏切る、かわいい天使たち

 
退院し、これから大変だぞ!と覚悟して帰宅しました。


いつも、わがままで泣き虫な長男が、ベビーにそっと寄り添い、私のことも労わってくれます。ママがいないと何もできなかった次男が、自分のことは頑張ってやろうと必死になっている姿にびっくり…

え??入院中になにが起こったの??

みんなどうした!?

いつものギャングどもがいない!?


びっくり!!
みんなの心が天使のようにふわふわ優しくなっちゃった!!

いい意味で期待を裏切られ、拍子抜け~!!

三人の子育て…意外と楽ちん!?

洗濯機を回す回数が増え、皿洗いにも時間がかかり、食費や生活費もお金がかかるようになりました。子ども一人ひとりに寄り添う時間も半減し、甘えたい盛りの子どもたちは毎日ママ争奪戦です。


私は人生最大のモテ期到来です。でも、フラフラ…。

大変といえば大変なのですが…楽になったことの方が多いように感じます。

  • 兄たちが進んでお手伝いをするようになった
  • 順番を待てるようになった
  • あかちゃんにいいところを見せようと、お手本をみせるようになった
  • 三番目の子が、上の子たちの真似をするので、何も教えなくても刺激を受けて成長が早い
  • 今までは母と遊ぶことが多かった子どもたちだが、兄弟で遊ぶことを覚えて自分たちで遊びをみつけられるようになった
  • 親が子ども一人に執着しないので、子どもが親からのプレッシャーから解放されてのびのびするようになった



など、いいこともたくさんあることに気が付きました。

おわりに

三人の子育ては、頭だけで考えると不安でいっぱいになりますよね。大変なことがたくさんあるのかなと…。確かに大変です。

けれど、実際に育ててみると、子どもの数だけ、驚きや発見や幸せがたくさん舞い込んできます。大変さも倍増しますが、幸せはその何十倍も何百倍もありますよ!



そして、どんどん自分自身もたくましくなり、山あり谷ありの子育てに幸せを感じられるようになります。大変&不安だと思うことがだんだんなくなっていきます。慣れってすごいですね。


三人の子育て、最高です!!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク