子育てで悩まない人なんていない!なんでうちの子はできないの?

育児書を読んでいると、○○ヶ月で首が座る、○○ヶ月でお座りができるなど、
成長の目安が書いてありますよね。


初めての子育てだと、うちの子は大丈夫かしら?と、育児書を読み、ネットで
調べたり、順調に育っているようでも、ちゃんと成長しているか心配になります。


気になることがあると、家族が寝静まったあと、ネットで調べまくっているママは
いませんか?
そう、私がそうでした。ひとつのことが気になると、もう寝ないで調べまくる。


でも、いちばんやっちゃいけないのは、ほかの子と比べることかもしれません。

身近な友達は相談相手!でもなんだかモヤモヤ…

初めての子を妊娠した時、私のまわりには妊婦が何人かいました。
出産前は、「同級生だね~」「一緒にがんばろうね~」とか言い合い、
いろいろ相談できて楽しいかも?となんだか頼もしく思っていました。


産後はみんなバタバタで、連絡を取り合う余裕はありませんでしたが、
落ち着いてくるとメールで(その当時はまだLINEなんて存在していませんでした)
近況を報告し合うようになりました。
時には、赤ちゃんの写真付きで。みんなかわいい!でも…。


友達の赤ちゃんの写真見ると、みんな丸々と赤ちゃんらしい体つきをしています。
腕なんかも、まるでボンレスハムみたいにパツンパツンに太い!!


ちょっと待って!!うちの娘って細い。もしかして栄養不足では?
そんな時、友達が何気なく言った「スリムだね~」という言葉がひっかかる。
そして悩む…。


悪気もなにもない、もしかしたら誉め言葉だったのかもしれないのに、ちょっとした友達の
言ったことが、気になったり、傷ついたりしたことはありませんか?


反対に、私が言った言葉で、同じように友達を悩ませたりしていたかも。
そんなことを考えるときもありました。

心配ばかりの毎日…。

ほんと今思い出しても、なんであんなにピリピリしていたのでしょうか。


そろそろ首が座る時期なのに、おかしいな。
友達の赤ちゃんは、もうつかまり立ちしている!
うちの子はまだ出来ない、なんで??


またネットで調べてしまう。そして一喜一憂する。そんなママは、私だけでは
ないはず。


うちの娘はやはりほかの子とくらべると何ヶ月たっても細い。
そろそろ言葉をしゃべるころになっても、何を言っているのかわからない。
友達の子はママとかもう言えるようになっているし…。


ほんと悩んでばかりで嫌になっちゃいますよね!


どうしてもっと、ゆっくり焦らずに子育てできなかったのだろうとか、
一人目だから仕方なかったのだとか悔んだり、勝手に納得したり
今思うとなんかメチャクチャ(笑)


毎日毎日、勝手に心配したり、喜んだり。
でも私が悩んでいるあいだも、娘はマイペースにちゃんと成長していたのです。

他の子と比べるのはナンセンス!今を楽しむ!!

ちゃんと成長しているかどうかは、健診等でお医者様がちゃんと診てくれます。
多少成長が遅くても、問題がなければ毎日楽しんで育児をすることが大事だと思うのです。


なんか偉そうに言っているいけど、タイムマシンがあったら、その当時に戻って自分自身に言ってあげたいです(笑)


育児書なんて参考程度にたまに見るもの、ネットサーフィンなんてやってないで、
ちゃんと寝なさいと!寝不足のまま子育てなんてダメダメ!
他の子と比べるなんて、自分の娘がかわいそう。


成長し、歩き出した娘はどうしようもなく、落ち着きのない子になっていました。
「なんかうちの娘、変かも?」
でも健診で相談しても、普通だと言われる。


まわりを見ると、健診中おとなしくしている子が多い。フラフラ落ち着きがないのは
少数派。お子さんのタイプはどっち派ですか?


当然私の娘は落ち着きのない少数派。健診の最中も海老反りなって診察を拒否。
私は汗が止まらない。「すいません、すいません」と担当の先生に謝ってばかり。
そして脱走しようとする娘を追いかける。ほんとヘトヘト。


私は、度々実家の母に電話しては心配ごとを話していました。
母は、私と一緒に心配するのではなく、「子どもなんてそんなもんだと、心配しすぎだよ」
といつも言うのです。そして私が子どものとき、いかに手がかかる子だったかを
笑いながら話していました。


そうか、私ってそんなに手がかかったのか~。


母は、娘と私の子ども時代がそっくりだと言っていました。
私の赤ちゃん時代は、寝ない、飲まない(ミルクを)、泣き止まない。
まるで私の娘だ。


成長し、歩き出すと言うことを聞かない。
落ち着きがない。
外では危ないので手をつなごうとすると、激しく拒否する。
これも同じ。
よく言われませんか?自分の子どもは自分の子ども時代と似ているものだと。


本当にその通り。笑えるほどそっくり。
でも娘より、私の子ども時代のほうが悪かった。
急に走り出す私を追いかけて、母は転倒し、足の指を骨折した。
今更ながら、申し訳ありませんでした(笑)

まとめ

よく食べる子、食べない子。
成長が早い子、遅い子。
おしゃべりが上手な子、なかなかしゃべらない子。
おとなしい子、活発な子。


よく考えると、みんな違って当然ですよね。
心配しすぎず、いかに面白がって子育てできるか。
難しいけど、悩むより楽しむのが一番。そう思いませんか?


私をさんざん悩ませた娘は、今はもう高校生。細かった娘は今、「胃袋だけは自信がある」
と言い、食べることが大好きな娘に育ちました。小さかったころの悩みが嘘みたい。


今、小さいお子さんを育てているママ、本当に子どもはあっというまに成長します。
「今」を思いっきり楽しんでくださいね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク