子育に専念するのは重要ですよね!共働きと専業どちらが魅力的!

私は子育てをしながら共働きをした経験と、専業主婦の経験が両方あります。共働きをしていたころは「専業主婦っていいなぁ。子育てしやすいんだろうなぁ。」と、憧れを抱き、うらやましく感じていました。


そして、専業主婦として子育てをしているときは、「働くママってかっこいいなぁ。安定した収入が得られて経済的にゆとりがあるんだろうなぁ」と、これまたうらやましく感じていました。

専業主婦と共働き、両方経験がありながら、ついつい“ないものねだり”をしてしまいます。それは、どちらにも魅力があるからだと思います。

私が共働きだったころのこと、専業主婦のころのことを比較しながら、それぞれのメリット・デメリットをこれからお話することにしましょう。

子育てしながら共働きすること

仕事をしていて、産休に入った私は、育児休業給付金をもらうことができました。

これは、雇用保険に一年以上加入していればもらえるお金です。

育児休業中でもお金が入ってくることが、とてもありがたかったです。


仕事復帰することを前提で生活していたので、多少の出費があっても気持ちにゆとりがありました。

仕事復帰をしたら、毎日の仕事に加え、帰宅後の家事や育児、次の日の準備など夜遅くまでやることがたくさんあり、ヘトヘトでしたが、毎月必ず入ってくるお給料がモチベーションを高めてくれました。

この稼いだお金で、マイホームが欲しいな、ちょっと贅沢な旅行に行きたいな、食べたいものをたらふく食べたいな…。仕事の日と休暇の日のオンとオフがはっきりしているので、生活にもメリハリをつけて楽しむことができました。


金銭面では潤いますが、生活は毎日バタバタです。子どもの保育園送迎、たまっていく家事、仕事をこなしながら家事・育児を同時進行することは容易ではありません。子どもの予期せぬ病気にも対応しなくてはならないので、私だけではキャパオーバーです。


 旦那、祖父母の協力や、有料のファミリーサポートなどを利用しながらなんとかやりくりしていました。やらなければいけないことを一人で抱え込んでしまうと、心身ともに疲れ果ててしまいます。いろんな人に素直に甘え、上手に人に頼めるようになれば、共働きも軌道にのります。


また、共働きだったおかげで、子どもは保育園という集団保育で生活することができました。いろんなお友達、先生との関わりを通して、家では経験できないことをたくさん学び、身につけてくれました。


保育園のおかげで、トイレトレーニングもすんなり終わり、生活習慣もバッチリ!給食でいろんな食材に触れ、好き嫌いのない子どもに育ちました。


 仕事をしていたからこそ、保育園に入ることができたので、子育てのお手伝いをしてもらっているような感覚でした。とてもありがたかったです。

また、保育園は働くママ達が子どもを預けているので、ママ友関係もサッパリしています。みんな忙しいので、挨拶程度でさっと帰宅し、平日にランチをするようなこともありません。ママ友トラブルが少ないことも、魅力の一つです。

ただ、もっと我が子との時間が欲しい、自分の時間が欲しい、子どもの病気の時にゆっくり看病してあげたい…という気持ちも抱きながら共働きしていました。

専業主婦で子育てすること

 第一子の時は共働きでしたが、第二子、第三子は専業主婦でした。子どもが病気をしたり風邪をひいたりしても、「どうしよう!!」と焦ることはありません。

自宅でゆっくり看病してあげられるようになりました。

また、子どもの成長を間近で見ることができるので、毎日の成長や変化に感動です!

子育ては大変なこともありますが、それを乗り越えながら、子どもの成長とともに自分自身も一緒に成長させてもらっています。



ただ、自分の収入はなくなったので、毎日のやりくりが大変です。


通院、買い物、お出かけ、いろいろとお金がかかります。旦那の限られたお給料の中で生活するので、お金は自由には使えません。財布の紐がかたくなり、買い物も節約する毎日です。


また、子どもを保育園に預けることができないので、365日、24時間子どもと一緒に過ごすことになります。毎日遊びに付き合うことが不可欠です。


一緒に遊ぶと楽しい反面、体力勝負でなかなかゆっくりする時間はありません。

また、子どもをみながら家事をこなすので、専業主婦も休みなしです。



子どもが幼稚園に入れば、ママ友同士の付き合いもでてきます。子どもを通した出会いがとても多いです。多方面で交流する機会が増えるので、楽しさ半分、大変さ半分といったところです。

どちらも良し悪し!何を大事にするかは自分次第!

・収入が欲しい
・子どもを保育園に預けたい
・ママ同士の関わりが面倒
・周りにサポートしてくれる人(旦那・祖父母など)がいる
・仕事が生きがい
・オンとオフ、メリハリある生活をしたい

そんな方は、共働きに向いていると思います。

・自分の時間が欲しい
・お金より、今は子どもとの時間を大事にしたい
・ママ友との関わりも築きたい
・家事育児に専念したい
・周りにサポートしてくれる人が少ない
・節約しながらやりくりできる

こんな方は、専業主婦に向いていると思います。

さいごに

子育ては、専業主婦でも共働きでも、いいところもたくさんあり、大変さも同くらいあります。

自分自身が、“今はなにが大切”で、“何を優先させたいか”ということを考えることが、どちらを選択すべきかヒントになるのではないでしょうか。 


また、専業主婦でも共働きでも、“愛情”と“信念”をもって子育てすることが、一番大切なことだと私は思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク