上手に叱ることで子どもは伸びる!?親の伝え方次第なのです

子供のしかり方

毎日の子育ては体力勝負!

特に、子どもを叱る時は、親はものすごく大きなエネルギーを消費し、心身ともに疲れ果ててしまいます。

子どもが一回で話を聞くことができればどんなに楽か…。

そう上手くはいかない現実…

毎日叱ってばかりいる自分自身にも嫌気がさしてきますよね。



私自身も、
「〇〇しなさい!」
「ダメでしょ!」
「いいかげんにしなさい!」
「こら!」

と、毎日同じようなことで怒ってばかり…。

そんな時、少しの工夫とアイディアを思いつき、実践してみると子どもに大きな変化がでてきました。

まずは、“怒る”と“叱る”、違いを意識しよう!

“怒る”と“叱る”、一見似たような言葉ですが、まったく違います。

“怒る”ことは、親が感情的になったり、主体が怒る人(親)になったりすることです。

親の思い通りにならなかったり、気持ちが苛立ったりして怒ってしまうこと、多いですよね。



“叱る”とは、子どもが主体です。

子どもに生きていく上で大事なことを、子どもにきちんと伝える手段の一つです。

私は、つい“怒る”という手段で子どもに強くあたっていました。


自分の行動と子どものペースが合わないとついイライラしてしまって、
「早くして!」
「まだなの?おそい!」


と言ってしまったり、兄弟喧嘩で両者の気持ちを汲み取らなければならない場面で、うるさいという感情が先走り怒ってしまったり…

反省の日々でした。



怒らずに叱ることは、自分自身の意識の改革が必要だと思います。

意識の改革が簡単にできないから難しい!

 頭では分かっていても、つい感情的になって怒ってしまいますよね。

子どもも、なぜ怒られているのか、その内容が耳に入らず、「怒られてしまった。」という気持ちだけが心に残ってしまいます。


ある時、息子の幼稚園の園長先生に子育て相談をする機会があり、子どもの叱り方について相談したことがありました。
すると、いいヒントをいただくことができました。

【NGワードはひとつだけ!】

幼稚園で、先生たちは、『ダメ!』という言葉を使わないように保育をしているそうです。

『ダメ!』の言葉の代わりに、なぜいけないのか、なぜ危ないのか、なぜ悲しいのか…など理由をきちんと伝えることで、子どももしっかりと大人の言葉に聞く耳を持ち、理由を受け止めてくれるそうです。

『ダメ!』だけ使わない生活…私にもできるかも!?と、前向きな気持ちになりました。

【親子で作ったルールで大盛り上がり!】

 我が子も『ダメ!』という言葉をよく使っていることに気が付きました。私の口癖がうつったのでしょう。

私だけが『ダメ!』という言葉を使わないようにするだけでなく、子どもにも同じ意識を持たせることができたら、お互いに気持ちよくコミュニケーションが図れるのではないかと思いました。


そこで、『ダメと言ったらいけないゲーム』を子どもたちに提案してみました。すると、「やるやる!!」と乗り気になってくれました。

もしも、『ダメ!』と言ってしまったら、大事なお菓子をあげるという罰ゲーム付きにしました。


初めのうちは、
つい『ダメ!』と言ってしまい、
「あー!!言ってしまった!」
「やったー!お菓子もらえる!」

と遊び感覚でしたが、次第に『ダメ!』と言わないで子どもとやりとりできるようになっていきました。

【相乗効果にビックリ!!】

『ダメ!』を使わない生活になってから、私自身の言葉使いが優しくなったことに気づきました。

「〇〇だから、〇〇しようね。」という言い方に変わったのです。

また、兄弟間でも「ダメ!」「やだ!」「バカ!」のオンパレードだったのに、少しずつ「〇〇したいから、〇〇していい?」など、気持ちの伝え方がとても上手くなってきたのです。


感情的に怒らず、叱るようにする…という意識の改革は難しいけれど、『ダメ!』という言葉を使わないだけで、こんなに大きな変化がうまれるのだということ、驚きと喜びでいっぱいになりました。

さいごに

子どもを叱ることは、決して悪いことではないと思います。

命に関わる危ないこと、人を傷つけるような言動などがあれば、きちんと叱るべきだと思っています。

ただ、叱り方一つで、子どもにどんな風に伝わるのか…「お母さんが怒って怖かった」という気持ちが残るのか、それとも「いけない理由がよく分かった」と子どもが受け止めるのかは、親の伝え方次第なのです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク