子連れで買い物は大変で辛いもの!負担を軽減するとってもよい方法!

子連れ買い物

子供を連れてのお買い物、本当に大変ですよね。


自分一人だと、必要なものをパパっとかごに入れて、
何か新商品は出てるかな?と少し店内をフラッとしたりなんかもできちゃいます。


でも、子供を連れているとそんな余裕はありません。


買い物カートに乗せていても、
商品に手を伸ばして突いてみたり、棚から取ろうとしたり、
自分も降りて歩きたいと駄々をこねたり。


買い物カートの無いようなお店だと、
ベビーカーや抱っこ紐を使って、愚図らないうちに急いでお買い物。


お会計後の袋詰めの作業も子供の相手をしながら。


お買い物が終われば、荷物と子供を抱えての帰宅。


バタバタと買い物をしたせいで、買い忘れが起こることもしょっちゅう。


買い物に行って帰っただけなのに、家に帰りつくともうヘトヘト。
なんてことも珍しくありませんよね。


私自身、妊娠出産を経験するまでは、
子連れでお買い物をしているお母さん達を見かけると
「子供と一緒にお買い物なんて良いな。とっても楽しそうだな。」


なんて、少し羨ましいような気持ちになっていたのですが
今となっては、何を暢気なことを考えていたのだろうと思ってしまいます。


子供を連れてお買い物に行くのが少しでも楽しくなれば…


負担を軽減するお買い物の仕方を考えてみました。

休日にまとめ買いをする

休日、お父さんと一緒にお買い物に行って、
日持ちのするもの、重い物、嵩張るもの等はまとめ買いをしてしまいましょう。


そうすれば、平日のお買い物は生鮮品と少しの買い足しで済むので、
とっても楽になります。


私の場合は、日用品はすべて夫のいる日に購入します。


食料品も、飲料等の重い物は勿論、お肉やお魚等もまとめ買いし、
帰宅後すぐに冷凍処理してしまいます。


野菜も冷凍できるものはすべて休日に購入し、下処理して冷凍します。

こうすることで、平日のお買い物は葉物野菜や果物のみで済みますし、
平日のお料理の時短にもつながります。


帰宅後もお父さんがいれば子供を見ていてもらえるので、
購入した物を収納したり、下処理する余裕があるのが嬉しいですね。

ネットスーパーを利用する

ネットスーパー
ネットスーパーや生協等、商品を自宅へ届けてくれるサービスは本当にありがたいですね。

生協は注文から商品が届くまでのタイムラグがありますが、
子育て家庭に向けた、離乳食に便利な商品等もありますし、
カタログやWEBの商品リストを見てゆっくりお買い物ができるのも楽しいのでおススメです。


ネットスーパーは最短で当日に配送してくれるので、重い物の買い忘れ対策によく利用します。
また、チラシ価格で購入できるので、混雑するスーパーの特売日に、わざわざ足を運ばなくても良いのも助かります。


また、売り場スタッフが商品を選んでくれるので、自ら売り場で吟味する手間なく
良い状態の商品を手にすることができます。


生協もネットスーパーも、配送料がかかることがありますが、
子育て割引を実施しているところもあるので、上手く利用したいですね。

お昼寝の間に買い物を済ませる

子連れで買い物

ショッピングモール等に行くと、キッズスペースが充実していることが多いですね。

ここで子供を思い切り遊ばせて、ベビーカーに乗せて寝かしつけ、
その間にお買い物を済ませてしまいます。


子供自身も楽しく遊ぶことができますし、
お母さんもお買い物中ぐっすり寝てくれていると
ゆっくりと店内を見て回ることができます。


私自身この方法を使うことが多いのですが、
帰宅後もしばらく寝てくれているので、
夕飯の支度等、家事も一気にできてしまうので、とってもおススメです。

買い物かごに取り付け可能なエコバックを使う

お会計後の袋詰めの負担軽減に、買い物かごに取り付けできるエコバッグが便利です。
レジの店員さんにエコバッグを渡せば、自分で袋詰めをする必要がありません


レジ袋有料化も進んでいてエコバックはお買い物の必須アイテムとなりますし、
ひとつ持っているととっても重宝しますよ。


私自身、袋詰めがとっても大変だと夫に話したところ、
夫がこのタイプのエコバックを提案してくれて購入したのですが、
本当に便利なので、ママ友や実母に勧めました。

実際に皆購入して使用してくれているようですが、とっても好評です。

どんなに大変でもやってはいけないこと

子供を連れてお買い物に出かけるのがどんなに大変でも、


ご機嫌にテレビを見ているから、ぐっすり眠っているから、すぐに帰ってくるからと
子供を家に置いて買い物に出かけることは絶対にしないで下さいね。


一人きりだと気付いて、お母さんを探して動き回って怪我をするかもしれません。
離れている間に、自然災害に巻き込まれるかもしれません。


また、車で買い物に行って、車に子供を置き去りにすることも絶対にやめましょう。


高温になった車内で熱中症になったり、自分でドアを開けて事故に遭ったり。
不審者に連れ去られてしまう危険もありますね。


子供は想像を絶する行動をすることもありますし、大人のすることをよく見ているので、昨日までできなかったことが急にできるようになっていたりもします。


少しだけ…の油断で、思わぬ事態を招いてしまうことがありますので、
このように子供から目を離すことは絶対にしてはいけません。

子供とのお買い物、いろいろと工夫をして負担を軽減し、
できるだけ楽しい時間にできると良いですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク