旦那が子育てのストレスになっていませんか!?その時の対策はこれ

旦那が子育てのストレス

共働き世帯の増加も相まって、最近では“イクメン”と呼ばれるお父さんたちが本当に増えましたね!


私自身、外出先で

キッズスペースに子供たちを一人で遊びに連れてきているお父さん
オムツ替えスペースで一人でとても手早くオムツを替えて出て行くお父さん
ミルクをササっと作って慣れた手つきで赤ちゃんにあげているお父さん


日々沢山のイクメンさん達に出会い、彼らの「当たり前でしょ?」と言わんばかりの余裕の表情につい感動してしまいます。


こんなに子育てに協力的なお父さんが多いにも関わらず、ママ友と話していると、旦那さんへの不満を吐露する声がとっても多いのです。

・子供を一人多く育てている感覚
・旦那には期待しない、できない
・家に居られるとやることが増えるだけ


夫婦二人の可愛い子供達、子育てに協力的でないだけでも辛いのに、
旦那さんの存在が子育てのストレスになってしまうなんて…

どうしてこのような事態になってしまうのでしょうか?

どうして旦那さんにイライラしてしまうのか?

旦那さんにイライラ

旦那さんにイライラする原因は何でしょうか?

・オムツ替え、ミルク、お風呂、着替え、食事、子供のお世話が何一つできない。
・付き合いが多く、毎日帰宅が遅い。
・休日も自分の趣味などに出かけてしまう。
・休日家に居ても何もせずゴロゴロ。
・お母さんが一人で寝かしつけを頑張っていても、自分だけぐっすり。


箇条書きにして想像するだけで少しイライラしてしまいますね…


仕事で帰宅が遅くなってしまったり、仕方のない面ももちろんあります。


でもきっと、お母さんたちのストレスの原因ってそういう努力でカバーできない、どうしようもないことではないんですよね。


一番イライラしてしまうのは、
旦那さんとの“子育てへの意識の違い”ではないでしょうか?


自分自身は子供中心の生活リズムで過ごしていて、計画通りに進まない毎日を過ごしているのに、旦那さんは自分で予定を立てて、その通りに動けている。


子育てのパートナーであるはずの旦那さんがお父さんとしてなかなか成長してくれず、いつまでも何もできないまま。
できるようになろうとする意識も感じられない。

一人で子育てしているようで、相談もできず、孤独感が不安が募ってしまう。


精神的にも肉体的にも疲労がたまる一方なのに、そんな自分に気付いてくれない。


こんな風に、子育てへの協力の有無よりも、子育てに参加しようとする意志を感じられないことが最大のストレスの原因になるのではないでしょうか?

旦那さんが子育てに消極的になりがちな原因は?

男性であるお父さんは、妊娠出産を経験するわけではないので、
お母さんに比べて親としての実感等が湧きにくかったり、
親としての自覚を持つのがゆっくりだったり…


これは実際に言えることなのかもしれませんが、
いつまでもそんなこと言われていても困りますよね。


我が家の場合も、夫は子供が産まれた時に
「すごく可愛いし嬉しいけど、正直まだ実感が湧かない…」
と言っていました。


でも、お父さん達が積極的に子育てに参加しようとしないのは
これだけが原因なのでしょうか?


“子育ては母親がするもの”という意識がまだ抜けていない。

これも原因のひとつかもしれません。


なにかしてくれる時の「手伝うよ」のひと言に
“手伝う”じゃないでしょ!?と
イライラするお母さんも多いことでしょう。


私自身が自分の経験とママ友達との会話の中で一番の原因だと感じたのは、
ただ単に

“何をすれば良いのか分からないだけ”

この連続で、いつしか新米お父さん達は

“何もできないお父さん”

になってしまうのではないでしょうか?


お母さん達は、抱っこの仕方、授乳の仕方、お風呂の入れ方など沢山の事を
産後の入院期間に看護師さん達に手取り足取り教えてもらうことができます。


でも、お父さん達にはそんな機会はほぼ無いのです。


特に、里帰り出産をした場合は、新生児期間はほとんど離れて過ごすことになります。

お母さんとお父さんで、子供にしてあげられることに差ができるのは当然ですね。


そこに、産後のホルモンバランスの変化や寝不足でイライラしがちなお母さん。


お父さんの「何をしたらいい?」の問いかけにも、
優しく答えてあげられないことが多くなりがちです。

何もかも自分でした方が早いからと、
お父さんに何も教えてあげられないこともあるかもしれません。


でも、初めての子育てで、何もできないのはお父さんも一緒なんです。


私も、里帰り中に会いに来てくれた夫に冷たく対応してしまったお母さんの一人です。
冷たくする度、夫はしばらく手持ち無沙汰でウロウロ…

思い返すと可哀想で、本当に申し訳なかったなと反省しています。


何も分からないのに教えてもらえない…
と、子育てに関して置いてけぼりになったような、寂しい気持ちや、もどかしい気持ちを抱えているお父さんは少なくないのではないでしょうか?

旦那さんを子育てに誘いましょう

自分の子供に対して本当に何の関心もない
子育てに参加する気は初めから全くない
こんなお父さんはあまりいないと思います。


ママ友の旦那さんの中には、まさに仕事の鬼!という方もいらっしゃいますが、
そんな方も少しずつ子育てを勉強して、今ではすっかり子煩悩なお父さんです。


何もかも初めから上手にできる人はいません。


分からないことはしっかりと教えてあげて
どうしても時間のない時や、イライラしてしまう時には
育児書のページを開いて渡してしまうのも良いかもしれません。


子供のお世話をする時に旦那さんを誘って、
自分の手順を見てもらったりするのも良いですね。

何かしてほしい時には、「察してよ!」と思う気持ちをこらえて
具体的にお願いしてあげましょう。
きっと快く引き受けてくれますよ。

せっかくの子育て期間

小さな子供達には、成長してしまったらもう会うことができません。
両親ともに協力して、素敵な思い出を沢山作ることができると良いですね。。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク