気になるトイレの匂いの原因は?尿の飛び散り対策と簡単掃除方法!

トイレ 掃除 臭い

ずばり!みなさんのトイレ、臭いませんか?


トイレが臭う大きな理由の一つに、尿の飛び散り問題があります。
これはもう、みなさまご承知のことですよね。


我が家のトイレは、窓が無いため、
なんだか狭くて、空気の通りの悪い小さな個室という感じなんです。


そんな密室空間から、尿の臭いが…。

臭い

キレイにお掃除していても、いつもいつも臭うあの臭い。


飛び散りが原因だと知っているので、もう壁も床も、
トイレ全体が汚く見えてきちゃいますよね。


そこで私、夫に座って用を足してもらえないかとお願いしてみたんです。


しかし、答えはNO!

お掃除もするけど、排泄もするので、いたちごっこです。
諦めました。


だったら、せめて「立って用を足しても飛び散らせない工夫をしよう!」

と発想をスイッチしてみたんです。


前もってお伝えします。立ってする以上100パーセントの防止は無理です。


しかし、この方法を試すようになってからは、
臭いが以前ほどひどくはなくなりました。


試してみる価値ありですよー!

現実をわかってもらって、トイレの汚れ防止・お掃除の協力者になってもらおう!

飛び跳ね

尿の飛び散りによって、トイレが汚いから、座って欲しいとお願いしました。

それなのに、面倒だ、慣れないなどという理由で断られてしまいました。


それは、どの程度汚れているかを、自身が見ていないからだと思ったんです。

ある日の休日、私は洗濯に掃除~と忙しいふりをしつつ、
簡単にできるトイレ掃除をお願いしてみました。


今まであまり頼んだ事がなかったんです。


「便器の中まではしなくていいから、便座カバーの表と裏、
便座横の壁の辺りを、このトイレ掃除用のシートで拭いてね」と。


え~?何で壁~?とか言ってましたが、いざ始めてみると


トイレの中から「うわっ!なんだこれ!固まってる!え、裏側にも?汚い!」
などと聞こえてきました。


最後は、拭き掃除を終えたペーパーをわざわざ持ってきて、
「見て!こんなに汚れたたよ!」と得意顔です。


うん、知ってる。その汚いのいつも掃除しているのは私一人。

などと思いながらも口にせず、しばらく話題にも出さずに様子を見ました。

すると、その日の晩
「トイレが飛び散りによって、あんなに汚れているとは思わなかった。


座ってというのはちょっと無理だけど、トイレ掃除は男の担当にするとか、
もしくは他の方法があるなら、色々協力したい」と申し出てくれたんです!!!!


それからは、これから下記に記載するいくつかの方法によって、
我が家のトイレはキレイに保つ事ができるようになりました。

飛び散りを防止すること!そして、お掃除が簡単な壁にすること!

尿の飛び散りを防止する一番のおススメアイテムは、「泡スプレー」です。

モコモコの泡が出てくるというこの商品。


もともと掃除用として販売されているものですが、
排泄する前にスプレーしてから排泄を行うと、泡が飛び散りを抑えてくれます。


お掃除にもなり一石二鳥ですよ!

それでも、ついうっかりスプレーする事を忘れちゃうこともありますよね?


そんな時は、もう仕方ないのですが、便器のどこを狙うのかによって、
尿の飛び散りは最小限に少なく押さえる事ができます。


一番尿の飛び散りを抑える事が出来る排泄方法!

それは、「便器を上からまたいで、真上から水のある中央部分を狙うこと」です。


そして反対に一番最悪なのは、奥の壁を狙うことなのです。

立ってするにしても、奥の壁だけは狙わないで!ということです。


そして、掃除の部分についておススメがあります。
100円ショップにある、壁のリメイクシートを張ってしまうことです。


張ってはがせる構造なので、賃貸でも安心ですね。
このリメイクシート、表面が少しツルっとした素材なんです。


なので、尿が飛び散ったとしても、壁紙に染み込んだりしません。
軽く拭いてしまえばいいという利点があります。


また、トイレマットや便座カバーなど布製のものは、
不衛生なので撤去してしまう事をおススメします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、座って用を足すことに賛同を得なかった場合の、
尿の飛び散り対策をおススメしてきました。


我が家の場合は、あまりガミガミ言わずにいた事も、
夫の協力を得た一つの要因だったかもしれません。


夫の頭の中で、自分で原因と対策を考えて、自分から妻に提案した方法です。


だからなのかはわかりませんが、何年たった今でも、
自分が掃除をするということを、律儀に守ってくれています。


当番制にしたり、やってよ!と強要しなくて良かったなと思っています。

それよりも、最初から、「座って用を足すこと?全然いいいよ!オッケー!」
と協力してくれるご主人たちの方が、数倍羨ましいのですが…。


とはいえ、女性の方も尿はねがゼロではありません。

ですので、お互いに協力して、汚れや掃除と向き合ってゆけたらいいですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク