お風呂掃除が楽になる!?毎日のちょっとした心掛けでキレイを保とう!!

入浴

みなさんはお風呂掃除、毎日していますか?

毎日するのも大変だし、ちょっと目を離した隙にカビが生えていた!!なんてことはありませんか?


そこで毎日のちょっとした心掛けでお風呂掃除を楽にする方法を紹介します!!

お風呂掃除を楽にする方法!?

お風呂掃除といえば、カビ取り剤を使ったり、天井から掃除したりなど、大掛かりなイメージを持たれることが多いですよね。

しかし、毎日のちょっとしたお手入れと、掃除方法によって、大掛かりな掃除をしなくてもキレイな浴室を保つことが出来るのです。

風呂掃除

まずは浴室の環境を改善

浴室の中の環境はどうでしょう?
ここを整えておくだけでも、グッとお掃除が楽になります。

まずは浴室内に置くアメニティグッズを最小限にしましょう。


床や棚に物が触れていると、水はけが悪くなったり、床や棚との接地面にカビがつきやすくなります。
桶なども壁に掛けるなどして、なるべく床などとの接地面を無くしましょう。


シャワーの位置はどうでしょう?
シャワーのホースも床についてしまっていませんか?


カビが好む湿気を早く減らすためにも、床には何も触れないようにしておくことを、心掛けましょう。

掃除をするのは入浴前?入浴後?

まずは掃除をするタイミングです。
入浴前に掃除をする方もいれば、入浴後に掃除をする方もいるでしょう。

私がおすすめするのは、入浴後のお掃除です。


入浴後で浴室内が温まり汚れが浮いている間にお掃除してしまうのです。
使ったら片付ける。

汚れたらすぐ掃除!のような、感覚でしょうか。


そして入浴後に掃除をしておくことで、翌日はお風呂のお湯を入れるだけでいいので夕方の忙しい時間にお風呂掃除をしなくてもよくなりますよね。

掃除の手順はどんな感じ?

お風呂掃除といっても、どこから掃除していますか?

浴槽からという人も多いかと思いますが、掃除の基本は、浴室に限らず上からといいますよね。


普段のお部屋のお掃除でも、掃除機をかけた後に、棚の拭き掃除をしてもせっかく掃除をした床にほこりが落ちてしまいます。
浴室も同じです。
浴槽から掃除をしてもあとから流す時に石鹸カスが付着してしまいます。


なので掃除の手順としては

1・天井(毎日はしていません)
2・壁(水はねのある範囲を毎日行います)
3・シャワーヘッド・蛇口
4・浴槽
5・床
6・排水溝(毎日するのは髪の毛を取り除くこと)
となります。


なかなか毎日この順番で全てを掃除するのは大変です。
天井などは週に一回など回数を減らしてもいいかと思います。


排水溝のお掃除も最低でも1ヶ月に1回などとして、毎日するのは髪の毛などのゴミを取り除く程度で十分かと思います。


我が家の毎日のお掃除は、浴槽や床をお風呂の洗剤を使用し、スポンジで洗っているだけですが、次で紹介することを実践することにより、カビ取り剤を使用したりなどの大掛かりな掃除をしなくても、キレイに保つことが出来るのです。


実際に我が家ではカビ取り剤を使用したことがありません。

掃除後はお湯で流す?それとも水?

テレビなどで浴室内の温度を下げ、カビ予防のためにも、最後は水で流したほうがいい。
などと聞いたことがあります。


しかし専門家の意見では45℃以上のお湯で流した方がいいとか…


果たしてどちらが正しいのでしょうか?


そもそもカビの原因は温度ではなく湿気です。

なので、水で流して温度を下げるというのも、間違えているわけではないかとも、思いますが、1番大切なのは温度を下げることよりも、湿度を下げることだと思います。


私は掃除をして水分を拭き取るなんて大変で毎回なんてしてられない!!!


と考えてしまうので、お湯で流し、蒸発を早め、しっかりと換気をすることで十分だと考えていますし、それでカビが生えた!ということもありません。

カビが生えたらどうする?

それでもお風呂の多くの悩みはやはりカビです。

ゴムパッキン部分などカビの生えやすいところは必ずあります。


ピンク汚れのうたに荒い流すことが出来れば1番好いのですが、頑固な黒カビが住み着いてしまったらどうしたらよいのでしょう。


黒カビを見つけたら迷わずカビ取り剤を使用しましょう。

頑固なカビにはキッチンペーパーにカビ取り剤を染み込ませ、気になる部分に貼り、さらに上からラップで蓋をしましょう。

数分放置して荒い流すとキレイになります。


ゴムパッキン部分は古い歯ブラシなどで掃除する方法がありますが、ゴムパッキン部分を傷付け、劣化を早めたり、傷部分にさらにカビが住み着いてしまうこともあるので、あまりおすすめしません。

シンプルな浴室と、湿気対策でお掃除を楽にしよう!

風呂掃除

リラックスして1日の疲れを取る、毎日使う場所だからこそ、キレイで気持ちよく使いたいですよね!


このように浴室にはあまり物を置かず、剃刀などの必要な小物類はその都度持ち込むなどして、シンプルな浴室内を目指し、しっかりと換気を意識することで、頑固なカビ対策になるので、日々のお掃除を楽に済ませましょう!!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク