2歳のイヤイヤ期はママのイライラ期!うまく乗り越え育児を楽しもう!

観察してみよう

魔の2歳…なぜ、“魔”と言われるかは、言うまでもなくイヤイヤ期の真っただ中だからです。


自我が芽生え、成長する上でとても大切な時期です。

けれど、毎日子どものイヤイヤに付き合っているママは、ついイライラしてしまいますよね…。まして、2歳はまだまだ子どもに手がかかり、ママが休む暇もありません。


親子そろってイヤイヤ!イライラ!

そんな日々を、上手に乗り越え楽しく過ごす方法を一緒に考えていきましょう!

イヤイヤ=わがままではないことを理解しよう!

イヤイヤ

子どもの行動を見ていると、一見わがままに見えますよね。泣いたり、反抗したり、嫌がったり、頑固だったり…。


でもそれはわがままではなく、自分の気持ちを伝えようとしている(自己主張)だけなのです。そして、なんでも自分でやってみたい(自主性)という思いが高まっている時期なのです。



けれど、まだ生まれてたったの2年!うまくできることは少ないですよね。子どもなりに、葛藤しているのです。まずはそこを理解してあげましょう。


子どもへの対処法

子どもへの対処法

子どもに対して、気持ちを代弁してあげるだけで、“わかってもらえた!”と安心することが多いです。

怒ったり突き放したりしても逆効果です。

「自分でやりたかったんだね」

「こっちがよかったんだね」

と、子どもが何を求め、何をしたかったのかを言葉にしてあげましょう。


どうしても子どもの気持ちが収まらない時や、何をしたくて泣き叫んでいるのか分からない時は、思い切って子どもの気をそらすことも大切です。気分転換したり、注意をそらしたりすることで、気持ちが落ち着くことがあります。



ママに余裕があるときは、じっくりゆっくり向き合って、とことんやらせてあげることも必要です。


その時の状況に応じて、子どもとの向き合い方に変化をつけていきましょう!

ママのイライラは、リフレッシュで解消しよう!

忙しい家事・育児に加えて子どものイヤイヤ期は、ママのイライラに拍車をかけてしまいます。

育児に休みはありません。そんな中でも、うまく工夫してリフレッシュする時間を作っていきましょう。


・コーヒーやハーブティーなどを飲み、ホッと一息する時間を作る。
・雑誌や本など、少ないページでも良いので、読む時間を作る。
・お菓子を食べながら、ちょっと一息!
・子どもがお昼寝をする時間に、自分もお昼寝をする。
・子どもと離れる時間を作る。(一時保育に預けたり、家族に預けたりする。)
・好きな音楽を聴く。(子どもに合わせた音楽でなくても、自分の好きな音楽を流すことで、ママの気持ちが楽しくなり、子どもにもプラスの効果あり!)
・ショッピングを楽しむ。
・友達とランチをしたり、おしゃべりしたりする。


1日、少しでも自分の為に時間を作ると、リフレッシュして、イライラが和らぎますよ。いつも子どもの為に頑張っているママ!自分のために時間を使うことも、大切なのですよ!

イヤイヤしていない時の我が子をよく観察してみよう!

観察してみよう

“魔の2歳”といっても、1日中イヤイヤ状態なわけではありません。どうしても大変な状態の我が子に目が行きがちですが、視点を変えてみましょう。



大変じゃない時の2歳児って…すごくすごく可愛いのですよ!!


ピュアな天使です!!

・言葉遣いがかわいい!
・仕草がかわいい!
・純粋でかわいい!
・素直でかわいい!
・小さくてかわいい!
・一生懸命でかわいい!
・必死でかわいい!

かわいいところがいっぱい見えてくるはずです。
“魔”の裏側の顔…“天使”の顔にもご注目!!

さいごに

魔の2歳は、いつか終わりがやってきます。このイヤイヤ期を、イライラして過ごすか、子どものかわいいところを見つけ、うまくママがリフレッシュしながら過ごしていくのか…それはママ次第です。


何年後かには、「こんな時期もあったな!」と笑って話せる日がやってきます。かわいい魔の2歳児の我が子と、うまく工夫しながら楽しく過ごしていきましょう!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク