2才児の子育てにイライラし息詰まった!少しでもイライラしない為に!

2歳児イライラ

子育てって何歳になっても大変だし、イライラすることもありますよね。

時期によって違った悩みや不安、イライラがあると思います。


中でも私自身が子供が2歳の時にイライラしたことや、どんな風に乗り越えたかを書いていこうと思います。

2歳までのイライラはこんな感じでした!

2歳までのイライラ

2歳までのイライラって、何をしてほしいかわからないから起こることが多くないですか?

もちろん、「赤ちゃんにイライラなんてしない」って方もいらっしゃると思います。そんな話を聞くと、尊敬の気持ちでいっぱいになります。


しかし私は、自分の子が赤ちゃんの時からイライラすることもありましたし、何も分からない赤ちゃんに向けて「なんで泣いてるの?!」なんて怒ったこともあります。


どんなときに怒ったかなと思い返してみると、「赤ちゃんが何を要求しているか分からないけど泣いている」時が多かったように思います。


お腹は空いてないはず、室温も良いはず、オムツも濡れてない、抱っこしてる…それなのに泣き止んでくれない。

そんなとき、イライラしてしまいました。

赤ちゃんにイライラというより、上手く出来ていないような気がして自分にイライラしているというのが正しかったかもしれません。


2歳からのイライラはこんな感じでした!

2歳からのイライラ

2歳を過ぎると少しずつ言葉が出てきます。

そして色々な事を理解してきます。要求も増えてきます。

出来なかったことが出来るようになったり、お話ししてくれるようになったりして、成長を感じたり楽しいこともたくさん増える時期ですよね。



しかし、イライラすることも多くなってきますよね…

買い物に行けば、好きなキャラクターのカートに乗りたいと大泣きする日もあるし。


今日は乗りたくないと大泣きする日もあります。お菓子を買って欲しいと大泣きしたり、セルフレジでは混んでいる日に限って「自分でやりたい」なんて言われる日もありますよね。


他にも、2歳を過ぎると他のお友達との関わりでも苦労することって多くなってきませんか?

「一緒に遊ぶ、仲良く遊ぶ、譲り合う」そういったことがまだ難しい2歳ですが、ショッピングモールのおもちゃ売り場や、病院のキッズスペースなどでお友達との関わりがでてくるのこの時期からが多いのではと思います。


我が家には息子が二人要ます。

お兄ちゃんが2歳のころは、欲しいオモチャがあるとお友達から取ってしまうし、「かして」と言われても絶対貸すことは出来ませんでした。


そういった場所では本当に苦労しましたし、「周りのお母さんからどういう目で見られているんだろう」と思うとなんとも言えない気持ちになり、そんな息子にイライラしてしまうこともありました。


弟が2歳の時はというと、オモチャで遊んでいる子が1人でもいると一緒に遊ぶことは出来ず少し離れたところから順番待ちをするようなタイプ。


遊んでいる途中にオモチャを取られても静かに泣いて戻ってきていました。

同じ人間が産んで同じような育て方をしていても全然違うんですよね。


実践したイライラを少しでも無くすために!

イライラを少しでも無くす

イライラしないために私がしたこと、とにかくイライラする状況を無くすことです。

買い物に行くが大変でストレスが溜まるときはネットスーパーを利用したり、夫が休みの日にまとめて買いにいくようにしました。


どうしても足りないものや買わないといけないものがあるときはそれだけを目当てに行くのですぐに終わりますし、急いで買い物をして後になって「買い忘れた!」なんてことも減りました。


買い物に行く時間もたくさん人がいる夕方などを避け、お昼頃によくいっていました。

その時間だとセルフレジも空いており、子供が1つ2つスキャンしても他の人の迷惑にならないので、気持ちが楽でした。

あまり混んでいない時間は、好きなキャラクターのカートが空いている確率も高いのも助かります。


また、キッズスペースですが、これも時間をずらして行っていました。家で遊べば良いんですけど、家にずっといるのもお互いストレスになってしまうので、時間をずらしてでも行きたくて通いました。病院などのキッズスペースは嫌でも行く機会がありますしね。


人が少ないと他のお友達ともケンカになることもなく、ゆっくり遊ぶことができました。

公園なども同じように夏だったら少し遅めの時間に行っていました。夕飯を食べてからなどでも充分遊べますし、割りと涼しくて見ている方も快適でした。


同じくらいの年の子供がいる家庭の1日の流れと違う動きをする事でストレスを減らしていました。


余裕を持って子供と接する日が増えると幸せですよね!

余裕を持って子供と接する

もちろん、ぐずられてもその都度教えたりワガママを言ったら子供が理解するまで教えてあげることも大切だと思いますし、同じくらいのお友達との関わりもとても大切だと思います。



仲良く遊べたら安心しますし、時にはケンカをすることも大切だと思います。

しかし、自分に余裕がないときはイライラを避けることがあっても良いのではないかな、と思います。


お母さんに余裕があると子供も笑顔が多くなるような気がします。


1人1人子供の性格も違いますしお母さんの気持ちや考え方も違いますが、少しでも同じような事で悩んでいる方の気持ちが楽になったら嬉しいです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク