小さい子供と大きな子供?子育てストレスの原因は実は旦那ストレス!?

旦那ストレス

今はスタンダードとなりつつある、共働き家庭。
私も小学生の子供をもつ共働き家庭です。


仕事に家事に子育てにと、毎日大忙しですよね。
そんな中、旦那さんは協力してくれていますか?


いつまでも自分中心な旦那さんにイライラしていませんか?
旦那さんの心ない言葉にイライラしていませんか?



共働きでなくても大変な育児という仕事。
正直、毎日イライラしています…笑


いつもいつも言い争ってばかりでした!

子育てにストレスを感じているわけでなく、旦那のせいでストレスを感じているのだと思っていました。


そんな私がよくある旦那さんへのイライラの原因と、旦那さんへ考え方を少し変えてみたお話をします!


旦那が何もしない!!は間違いなのか??

旦那が何もしない!

私は何度も旦那にたいして、何もしていないくせに…と思っていました。


確かに私より収入が多少なりと多いだろうけど、こっちは子育てに家事にとなると、好きに残業出来るわけではありません。
それで残業で遅くなる旦那にたいしてすごくイライラしました。


そして家では出来上がったご飯を食べてお風呂に入って寝る。
ちっとも家のことには協力してもらえません。


それに加えて、何も協力してくれない。と愚痴をこぼすと、家事、育児、仕事とヘトヘトな私に

「中途半端な家事しかしてないくせに」

と、言ってくるのです。


確かに完璧な家事など出来ていません。

こんな可愛い子供と一緒にいられるんだからいいじゃん。

なんて…


一緒にいるだけではないんですよね。


そりゃぁ見てるだけなら、こんなに可愛いことはないです。

しかし育児となるとそうもいきませんよね。


そんな旦那にイライラを通り越して、冷静に考えた時、果たして旦那は本当に何もしてくれていないのか?と、思ったのです。


こちらが求めているレベルに至っていないだけで、休日子供の遊び相手くらいはしているのではないか?


一人で育てるよりはいいか…
と、その時は思いました。


しかしその冷静さも、継続はしません。

旦那の服は脱ぎっぱなし…

お菓子のゴミも置きっぱなし…

そんな状態を見て、私は自分の子供と、こんな大きな男性までもの世話をしなければならないの?
と、イライラしてくるのです。


食事も用意してあげて、洗濯もしてあげて…
私は、あなたを産んだ記憶なんてないわよ!!
と、何度も思いました。


このように積み重なった小さなストレスは山程あると思いますが、では、どうすれば私達は納得出来るのか。
と、考えたときに、育児をして欲しい、家事を手伝って欲しい。


いや、根本はそうではないような気がしたのです。

育児にしろ、家事にしろ、こちら側が求めるレベルの事は急には出来ませんし、後から結局自分がやり直さなければならないのなら、最初から求めない方が楽な気もします。

結局旦那への一番の不満、ストレスとは!?

問題はここです。
ここがあるからこそ、小さないろいろな事に不満を抱くのだと気がつきました。


それは自分と旦那のスケジュール管理の違い。
日常生活での責任感の違い。


私が仕事やプライベート、何か予定を組む時、一番に優先しなければならないのは育児です。
子供を代わりに見ていてくれる人が居るのかどうか、子供が一緒でも可能な予定なのか。


子供を見てくれる人がいなければ、結局何も出来ないのです。


一方で、旦那はというと、もちろん、自分の都合が合えばそれでいいのです。
子供を預ける先を探さなくとも、家族の予定があろうとも、自分が抜けてもなんとかなると、考えているところです。


もちろんそれは、私が居るからであって、そこを理解してくれていないことに腹が立つのです。


旦那は、急な飲み会にも、今日飲み会だからと、私に連絡するだけで済んだり、酷いときには、帰りが遅くなって今日飲み会だった…なんてことも…


こちら側がお願いしたいときには、何日も前から、いついつの何時から何時くらいまでと、しっかり伝えなければ対応してくれません。

それも、食事なども前もって用意しておいたり…


では、もし、私が居なかったら、旦那一人で子育てをしているのだとしたら、その生活で育てられるの?という話です。


逆に私が旦那が居なくなったところで、困ることは収入面です。
しかしながら、それは、母子家庭でろうと、必要最低限の生活レベルであれば、なんとかなるものと思います。


しかし、今の旦那を見ていると、仕事の時間も朝は早くて帰りは遅い。
急な飲み会が入ったところで、私に任せるだけだからなんとかなる。


食事を作ることも、掃除や、洗濯をしたこともない。
学校や保育園の準備もしたことがない。


公共料金や生活にかかる支出がどれ程なのかも、いつ支払うのかもわからない。


そんな状態でこの子を任せられるわけがないじゃないですか。


そんな旦那が、のんきにしていることに腹が立つのです。


もし、私が明日入院でもしたら、事故にでもあったとしたら、どうするのでしょう。


そういうことを考えられずに任されっぱなしなのがストレスや不安の原因なのでしょう。

私は開き直った!思いきって任せよう!!!

私は開き直った!

私もこんなことに毎日イライラしてストレスを溜めていては、良くないし、旦那にあれこれ言ったところで、まともに聞いてはくれません。


いちいちあれやって、これやってと、言ったところで、文句しか言われません。


もう思いきって任せてしまいましょう。
あえて、どうしようもない予定を伝え、1日任せてみましょう。


すると、最初から何でも出来るわけではないですが、少しは大変さがわかるようになるのではないでしょうか。
そして、こういう時が大変なのだと、わかってもらえれば、少しずつ協力する姿勢をみせてくれます。


最初は休日1日任せていても、外食などで済ませていたようですが、回数を重ねるうちに、自分達で食事を作り、私の分まで作って待っててくれることもありました。


すぐにとはいきませんが、回数を重ねるごとにしっかりといろいろなことを身に付けているように感じます。


私には私なりの生活環境を守る責任。
旦那には旦那なりの収入面での生活を守る責任。


お互いいろいろなプレッシャーを抱えているのだと思います。


お互いの大変さを理解しながら、出来ることを協力しあえる家族関係でありたいですよね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク