水回りの掃除が苦手な人必見!絶対押さえておきたい掃除のコツ!

水回り

生活をしていると必ず使う、水回り。

毎日使うのですぐに汚れが溜まってしまう場所ですよね。


お掃除はどうしていますか。

なんとなくありあわせの洗剤でゴシゴシこすっているけど、
本当にこれで汚れが取れているのかイマイチわからない、と悩んでいませんか。


汚れの種類やお掃除の仕方を知っておくと効率良く作業を進められますよ。
台所周りとお風呂の具体的な水回りの掃除のコツをお伝えします。

キッチン周りの掃除はどうやるの?

キッチン周りの掃除

まず初めは、キッチンです。

料理を作る場所なので清潔にしておきたい場所の一つですよね。


とは言え毎日使うために清潔に保つのも難しいのも事実。
コツをつかんで汚れをためないキッチンを目指しましょう。


では、シンクとコンロ周辺のお掃除方法を紹介します。

シンク周りの掃除の仕方

用意する物:
・スポンジ 
・食器洗い用の洗剤もしくはクリームクレンザー 
・漂白用洗剤
・古歯ブラシ
・乾いた雑巾


1スポンジで食器洗い用の洗剤もしくはクリームクレンザーをつけて流し台をこする。
2水できれいに洗剤を流す。
3排水溝に漂白剤洗剤をスプレーし消臭除菌には2分、漂白ヌメリが気になる場合には5分ほどつけて古歯ブラシなどでこすって十分に水で流す。
4乾いた雑巾でシンクを拭き上げる。

コンロ周りの掃除

用意する物:
・大きめの箱(段ボールや桶)
・ゴミ袋
・重曹(もしくは酸素系漂白剤)
・カード(もしくは定規)
・古歯ブラシ
・雑巾


コンロは本体と五徳など外せる部分は別々に掃除します。

コンロの五徳など外せる部分の掃除手順

1.シンクに大きめの箱(段ボールや桶)にゴミ袋を被せたものを置き、その中に40~50°のお湯を入れて重曹を入れる。(重曹の量はお湯10リットルに対してカップ1)
2.重曹を入れたお湯の中に五徳などコンロの部品を入れて30分ほどつけおく。
3.30分位経ってから汚れが浮き出てくるので、カードや定規などで汚れを削り取る。
4.その後古ブラシなどでこすり洗いし、最後は乾いた雑巾でふきあげる。

*重曹の替わりに酸素系漂白剤を使うこともできます。その場合の付け置き時間は10分ほどなので、時間を節約したい人は良いかも知れません。


コンロの天板部分の掃除手順

1.食器用洗剤をスポンジにつけてこすり、雑巾で水拭きする。
2.乾いた雑巾で乾拭きする。


洗剤を使ってもなかなか落とすことができないしつこい汚れには、市販の油汚れ用洗剤をキッチンペーパーに吹きかけ、その上にラップをしてしばらく放置して水で絞った雑巾で拭き、その後乾拭きする方法もおススメです。

(筆者が実際にシンクとコンロを上記の方法で掃除した感想)


・シンク汚れについて
シンクの汚れは普段からそれなりに気を使っていたのですが、よく見たら排水溝はかなり汚れていました。あまりに汚れていたので一度の掃除では物足りない感じ。継続して掃除が必要ですね。


・コンロ周りについて
五徳からは長年の汚れが面白いように剥がれ落ちてきました。
桶に被せた袋に黒い油汚れとみられるゴミがゴッソリ溜まっていて日ごろの掃除をさぼっていたことを反省。


コンロを使った後にこまめに掃除していればここまでの汚れは溜まらなかったかも知れませんね。
ちなみに五徳は1週間に1度位、クリームクレンザーをスポンジにつけたもので水洗いするのが良いようです。

お風呂掃除の手順は?

お風呂掃除

一日の疲れを取る場所であるお風呂。
できれば綺麗な空間でリラックスして過ごしたいですね。


ではお風呂の浴槽の掃除の手順です。

用意する物:
・スポンジ
・浴室用洗剤
・メラミンスポンジ

1.全体に水かお湯をかけて濡らす。
2.水で湿らせたスポンジに浴室用洗剤をスプレーし、全体をこする。
3.石鹸カスなどの汚れが取れない場合は、メラミンスポンジに水を含ませたものでこする。(表面のツヤがなくなる場合があるので目立たない場所で試してから使う)
4.シャワーなどで水をかけながら汚れや洗剤分を洗い流す。
5.換気扇などを回してよく乾燥させる。

お風呂の小物類の掃除は?

小物類の掃除

洗面器やイスなどの小物の掃除にはお風呂用洗剤の代わりにクエン酸水を使うこともできます。

クエン酸水の作り方:スプレーボトルに40~50°のお湯を100㏄入れ、クエン酸小さじ1/2を混ぜてスプレーを振る。

クエン酸水は除菌作用もありますので、ナチュラルクリーニング派の方にはおススメです。


浴槽はお湯を抜いた時にすぐ掃除すれば洗剤を使わなくてもスポンジでこすれば湯アカを落とせます。
我が家では、最後にお風呂に入った人が掃除をすることになっています。


着替える前に洗ってしまえば汚れる心配もないし、何より今までお湯が入っていてお風呂があたたまっているので汚れが浮き出て汚れが落ちやすいのが良いです。

最後に壁についた水気を乾いた雑巾や窓用ワイパーなどで水切りしておくとしみがつきにくくなります。


水回りがきれいだと作業もはかどるし、気持ちが良いですね。
掃除は毎日続きますので、無理のない範囲でできることからはじめましょう。
そして快適な空間を手に入れましょうね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク