動物病院の選び方!どんなタイプの病院がよいのか

あなたは愛犬・愛猫など家族が病気にかっかた時の動物病院は、どのような基準で選んだでいますか。

家の近くにあることを優先したり、評判が良いからといった理由で選んだ人が多いのではないでしょうか。

確かに病院が近くにあると、いつでも連れていけ緊急の場合でも安心です。
 
 
ですがあえて理想をいえば、

・「24時間診療で年中無休」
・「設備やスタッフが整っている」
・「駅などが近く交通の便がよい」
・「治療法などを飼い主が選べる」
・「費用を飼い主が決められる」

などの条件がそろった動物病院であればベストといえるでしょう。

獣医師の数が多ければ、それだけ多くの分野の病気に対応できることになります。
 
 
ただし、このようなタイプの病院は数が少なく、どの病院もみな個人医院のような規模と思ってよいでしょう。

そこで次に動物病院選びの重要な条件は、

注意ポイント

その動物病院での獣医師で手に負えない病気だった時、ほかの適切な病院を紹介してもらえるかということです。

それぞれの獣医師には、得意分野と不得意分野があるのが普通です。
1人であらゆる医療分野に対応できる獣医師は、めったにいません。

 
 
恒例であるワクチン接種やフィラリアなどの予防接種は近くの動物病院でよいでしょう。

しかし、愛犬・愛猫などの家族がその動物病院の獣医師では手に負えない病気や、不得意な分野の病気にかかったとき、専門的な病院を紹介してもらうようにすれば、より確かな診療を受けることができます。
 
 

よい獣医師を選ぶための確認3ステップ

実は獣医師の腕を判断することは、飼い主にとって非常に難しいと思われます。

そこで飼い主に対して、分かりやすく、心のこもった説明ができるかどうかが重要で、これが獣医師を選ぶひとつの目安になるでしょう

また、投薬や高額検査を積極的に行うタイプの獣医師はあまり信頼しないほうがよいかもしれません。

「薬を止めたら悪くなる」と断定的な割には、薬の名前や副作用については教えてくれない獣医師も沢山います。

step
1
治療法を飼い主に選ばせる獣医師

診断を下してから、動物の今の状態と、将来に起こることが予測される状態をよく説明してくれる獣医師はよい獣医師です。
知識が豊富で、いろいろな治療の方法と可能性を知っていれば、それぞれの方法の長所、短所をよく説明することができるからです。

step
2
動物がいやがるような検査も躊躇せず行う獣医師

診察中に、動物が鳴いたりすると、扱いがうまくない獣医師と思うかもしれません。

しかし、動物にいやな思いをさせない技術が高度だと、単純に考えるべきではありません。実際には、動物がいやがるようなことをしなければ、正しい診断や治療ができないこともあるのです。

動物がいやがらずに診察を受けているからといって、獣医師の腕がいいとは限りません。むしろ、動物のいやがることを何もせず、楽な方法をとっているというケースもありますから、注意しましょう。

step
3
動物の体によくさわって調べる獣医師

病歴の聴取と身体検査は非常に重要な位置を占めます。この2つをきちんと行うことによって、7~8割は、動物のかかっている病気を2つ~3つに絞り込めるといっても過言ではありません。

特に初診の場合は、診療時間のだいたい30~50%を、病歴の聴取に費やさなければいけないと考えてよいでしょう。

身体検査では獣医師が動物の体によくさわって調べることが重要です。
動物の体にもほとんどさわらずに、すぐに注射を打ったり、薬を処方するという治療は、決してよい医療とはいえません。

 
 

高額な医療費はその理由に注意の目を向けよう

動物病院で治療を受けるとき、費用がどのくらいかかるかが重要な問題になります。

飼い主が、できるだけ費用を安く抑えたいと考えるのは当然です。

しかし、病院によって医療費に差があることには理由があり、高額な医療費が発生する要因は、医療のレベルの違いです。

ところが高額な費用が医療のレベルに完全に比例するわけではなく、しかも高い医療費を請求する病院が、必ずしも高いレベルの医療を行っているとは限りません。

料金を一方的に押しつける病院は、よい病院とはいえません。治療法は1つではないからです。
 
 
ほとんどの場合、複数の治療法があります。

さらに細かく見れば、麻酔をかける場合でも、麻酔の種類や方法(駐車麻酔、ガス麻酔など)、消毒の方法(滅菌した手袋・ガウンの使用、消毒薬の違い、手術器具の消毒方法、消毒の回数など)、外科用の縫合糸の種類、麻酔モニターの方法の違いなどによって、医療費に大きな差が付きます。
 
 

そして、最終的に治療法を選択するのは飼い主であるあなたで、獣医師は可能な治療法について説明し、アドバイスを与えるだけです。

したがって、医療費は飼い主であるあなたが決めるのだから、医療費については納得できるまで質問しましょう。

ペットにもセカンドオピニオンが必要

治療法に納得がいかないと感じたときは、獣医師に流されず積極的に動物病院を変えることが重要です。

人間であれば、現在はセカンドオピニオンの意見を得るケースが増えてきています。動物も同じ考え方をすべきだ思います。
 
 
セカンドオピニオンに聞くときは、検査の内容、治療法、予後、料金など、いろいろなことについて聞く必要があります。
そのため、最初の病院で受けた治療法や検査データなどは持っていくとよいでしょう。
 
 
ペットの病気を治し、命を救うために、飼い主は積極的にかかわる必要があります。

このように、よい動物病院を選びよい結果を望むのであれば、飼い主にもそれなりの努力が必要となります。

ペットのことを一番よく知っているのは、飼い主であるあなたで、病気の治療は、獣医師と飼い主が協力して行うものであることを忘れてはなりません。

都道府県から探す

全国各地の動物病院を都道府県別にまとめています









北海道・東北 北海道 青森 秋田 山形 岩手 宮城 福島
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 栃木 茨城 群馬
北陸・甲信越 新潟 山梨 長野 石川 富山 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国 岡山 広島 鳥取 島根 山口
四国 香川 徳島 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

Copyright© 日本全国【動物病院】マップ|動物病院ポータルサイト , 2020 All Rights Reserved.